Flash:.air拡張子の関連付けができない
2010.10.27
こそっとAdobe AIRを使ってみようと思い、
AIRランタイムをダウンロードしてみました。

で、インストールしたはいいものの、.airファイルが関連付けされず、
いわゆる「不明なファイル」になってしまう。。

これはどうやらVistaの問題らしく、Adobeのサポートに載ってました。

Windows Vista で「.air」のファイル拡張子が登録されない(Adobe AIR)

といっても、コメントにあるように解決には至らなかったんですが・・


大人しく手動でプログラムを指定することにします。

以下の場所にあるので、.airファイルをダブルクリックして
「インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する」を選び、
「参照」から
Program Files/Common Files/Adobe AIR/Versions/1.0/Adobe AIR Application Installer.exe
を選択すればOKです。

それにしても、この段階から引っ掛かるって、
この先が非常に心配になってきました(笑)
| コメント(0)
Flash:FLVPlaybackに関するメモ
2010.10.13
この辺り、何故かいつも忘れてしまうのでメモです。

Flashのメニューで、ファイル>読み込み>ビデオの読み込み からFLVファイルを読み込んで配置した場合に、スクリプトでいろいろ操作する方法。


■メタ情報の取得

以下のように書くことで、メタ情報を取得できます。

※ムービーオブジェクトのインスタンス名は「myMovie」
-------------------------------------------------------------------------------
import mx.video.*;
var listener_Obj:Object = new Object();

listener_Obj.metadataReceived = function(eventObject:Object):Void {
trace("総時間 : " + myMovie.metadata.duration + "秒");
trace("幅 : " + myMovie.metadata.width);
trace("高さ : " + myMovie.metadata.height);
trace("ビデオレート : " + myMovie.metadata.videodatarate + "kb");
trace("フレームレート : " + myMovie.metadata.framerate + "fps");
trace("コーデックID : " + myMovie.metadata.videocodecid);
};

myMovie.addEventListener("metadataReceived", listener_Obj);
-------------------------------------------------------------------------------

主に総時間を表示させるのに使いました。
ホントはスキン側だけで完結できれば使い回せるんですが・・


■再生など

インスタンス名を指定して再生などもできるので、
中央に大きなPlayボタンを置いたりすることもできます。

ムービーに重ねるようにMCを作り、MC内に
-------------------------------------------------------------------------------
onRelease = function(){
_parent.myMovie.play();
}
-------------------------------------------------------------------------------

この指定でも、ちゃんとスキン側も連動して動いてくれます。



また新しく使ったものがあれば追加しよう。
| コメント(0)
Flash:日本語ドメインを使う
2010.10.06
FlashのgetURL()で日本語ドメインを指定したところ、
何故か指定した通りのアドレスに飛んでくれませんでした。

(例)http://www.日本語ドメイン例.co.jp/

少し調べてみたところ、そもそも日本語ドメインが使えるのは
ブラウザが国際化ドメイン名(IDN)に対応しているからだそうで、
英数字とハイフンの文字列に変換してくれるからだとか。

で、Flashはその変換ができないと。。


ですので、Flashで日本語ドメインを使用する場合は
自分で変換しなければなりません。

変換を行えるサイトはいろいろあります。
今回は以下のサイトを利用してみました。

■日本語URL変換ツール
http://n7.com/japanese/

目的のURLを入力し、詳細設定で文字コードをUTF-8にします。

あとは変換結果に出てくるアドレスをFlashで使用すればOKです。

そんなに頻繁に使うものではないでしょうが、
Flash側で対応してくれると助かるんですけどね~。
| コメント(0)