Flash:シェアボタンを設置
2011.11.30
Flashでのシェアボタンの設置方法です。
HTMLで<a>タグにパラメーターを与えるのと同じように、
getURLのアドレスにパラメーターを加えることで作成できます。

■twitter
------------------------------------------------------------------------------
getURL( "http://twitter.com/share?url=http://www.gravity-works.jp/&text=twitterテキスト" , "_blank" );
------------------------------------------------------------------------------

■Facebook
------------------------------------------------------------------------------
getURL( "http://www.facebook.com/sharer.php?u=http://www.google.co.jp/" );
------------------------------------------------------------------------------

ただし、上記のように日本語を使う場合は
そのままではエラーが出てしまうので、UTF-8でURLエンコードをする必要があります。

escape() を使い、日本語を含むテキストを変換します。
※System.useCodepage が true になっている場合は false にします
------------------------------------------------------------------------------
getURL( "http://twitter.com/share?url=http://www.gravity-works.jp/&text=twitterテキスト" , "_blank" );
 ↓
getURL( "http://twitter.com/share?url=http://www.google.co.jp/&text="+ escape("twitterテスト") , "_blank" );
------------------------------------------------------------------------------

これでFlashにもシェアボタンを設置することができます。
| コメント(0)
JS:履歴に残らないページ移動
2011.11.16
リンクをクリックしてページ移動をする際、
通常のリンクでは履歴が残り、ブラウザの「戻る」が有効になります。

iframe内のページを切り替える場合も同じで、
履歴に残るため「戻る」を押すとiframe内のページが戻ります。

今回はiframe内では戻るを使えないようにしたかったので、
履歴に残らないようなページの切り替えを探しました。

JSで以下のように書くことで、「戻る」の効かないリンクになります。


<a href="test.html">リンクです</a>
 ↓
<a href="test.html" onClick="JavaScript:location.replace('test.html'); return false;">リンクです</a>
※2011/11/24 ソースを修正しました

URLを2箇所に書く点に注意です。
| コメント(0)
JS:ブラウザサイズを取得する
2011.11.09
最近使うことが多いJSです。
ページ表示時とブラウザサイズ変更時に
ブラウザのサイズを取得する簡単なものですが、
シンプルなのでいろいろと応用することができます。

---- <head></head>内 -----------------------------------------------------

<script type="text/javascript">
var ua = navigator.userAgent.toLowerCase();
var bIE = (ua.indexOf("msie")>=0);

function resize(){
var w, h;

if(bIE){
w = document.documentElement.clientWidth;
h = document.documentElement.clientHeight;
}
else{
w = innerWidth;
h = innerHeight;
}
//ここに行わせたい処理を書く!
//例)document.getElementById("mainbox").style.width = w - 300 + "px";

}

if(bIE){
window.attachEvent("onload", resize);
window.attachEvent("onresize", resize);
}
else{
window.addEventListener("load", resize, false);
window.addEventListener("resize", resize, false);
}
</script>
--------------------------------------------------------------------------

上の例では"mainbox"というidの付いたdivなどの"width"を、
「ブラウザの横幅 - 300px」のサイズに変更しています。
(赤文字の箇所に書く限り、w をブラウザ横幅、h をブラウザ縦幅として使えます)

他のJSと組み合わせてフルブラウザにしてみたり、使い道は多そうです。
| コメント(0)
Dreamweaverで改行コードの設定
2011.11.09
MacでDreamweaverを使用してhtmlファイルを制作している場合
デフォルトでは改行コードは「Mac(CR)」になっています。
ブラウザでの表示にはMacでもWindowsでも問題はありません。
が、Windowsでブラウザ上ソースを確認する場合、
改行が全てとれてしまい、ものすごく確認しづらい事になってしまいます。

Macで制作しているんだから仕方ないと思っていましたが、
Dreamweaverの設定で、「CRLF(Windows)」を選んでおくことができます。

【設定場所】
メニューの「Dreamweaver」から「環境設定」を選択
出てきたウィンドウの左から「コードフォーマット」を選ぶ
改行タイプというところからドロップダウンで選ぶ

| コメント(0)
flash:外部クラス内でonEnterFrameを実行
2011.11.02
今まであまり外部クラスには触れずにきたのですが、
やっぱり便利なものは使わないと、というのと、
AS3.0を始める前に慣れておけるようにということで、
良さそうなところを見つけてちまちま外部クラス化したりしています。

そこで気になったのがonEnterFrameの扱い。

読み込んだ先でonEnterFrameを上書きしてしまっても困るし、
かといって空mcを作ってその中で動かすにしても、
そのmcからまた外部クラス内の処理を呼び出す方法がわからなかったりで
(こっちは調べればちゃんとした方法がありそうですが)
上手く使いこなせていませんでした。

なにかいい方法がないかと探していたところ、
AS2の外部クラス内で簡潔にonEnterFrameを有効にする という
まさにぴったりの記事が!

OnEnterFrameBeaconクラスというクラスを使うことで、
外部クラス内でonEnterFrameを使えるんですね・・
これは今後も(自分の中で)活躍しそうです。
| コメント(0)