JS:URLにパラメータを付けて渡す
2012.02.29
リンクURLにパラメータを付け、
リンク先のページで処理させるというのをやったのでメモです。

■index.html
---------------------------------------------------------------------------------------
<a href="page.html?sample1=yes&sample2=100">リンクです</a>
---------------------------------------------------------------------------------------

上記のようなリンクを設置。
URLの後に"?"でパラメータを繋ぎます。
複数ある場合はさらに"&"で繋ぎます。


■page.html
---------------------------------------------------------------------------------------
<script type="text/javascript">

var urlPrm = new Object;
var urlSearch = location.search.substring(1).split('&');
for(i=0;urlSearch[i];i++) {
  var kv = urlSearch[i].split('=');
  urlPrm[kv[0]]=kv[1];
}

alert(urlPrm.sample1);
alert(urlPrm.sample2);

</script>
---------------------------------------------------------------------------------------

飛び先のページに書くJSは上記のようになります。
最後のアラートで表示される文字はそれぞれ"yes","100"となります。
| コメント(0)
「DD_belatedPNG」IE6で1pxずれる解決方法
2012.02.20
以前このグラビカでも「DD_belatedPNG」を紹介する記事を紹介していました、
pngをIE6に対応させるためのJS「DD_belatedPNG」について注意点です。

CSSでマウスオーバーを表現させたい場合、
通常時とオーバー時の画像をつなげて、aタグの背景に指定し、
hoverで画像をスライドさせる方法があります。
png画像を使用した場合、IE6で正しく表示されないため
DD_belatedPNGを使用します。

が、、、、
上記のような場合、aタグの縦幅(height)が、奇数だと、
IE6で、オーバー画像が1px余分にスライドしてしまい、
画像がずれたような表現になってしまいます。
背景の位置指定では調節できないようです。
なんでか全くわかりませんが、
縦幅を偶数にすることで解決できます。

きみのために入れてるのにわがまま言うなよ。。。(;´_`;) ハァ・・

| コメント(0)
JS:自身の設置URLを取得
2012.02.15
JavaScript内に相対パスを記述すると、
そのJavaScriptが読み込まれるHTMLからの相対パスになります。

同じJavaScriptを複数のページで使うような場合、
相対指定だとページごとにパスが変わってしまうため上手くいきません。

そういうとき、
JavaScript自身の階層を取得し、
自分からの相対パスにするスクリプトを探してみました。

こちらのサイトで紹介されています。

Tipsというかメモ
JavaScript :: 自分自身が設置されているURLを取得する


| コメント(0)