AS3.0:インスタンス名を設定する方法
2012.11.27
addChild()で作成した表示オブジェクトに名前を付ける方法。

AS2.0では作成時に当たり前に付けていましたが、AS3.0では後から付けるようです。
インスタンス名の設定は .nameプロパティで設定できます。

var mc:MovieClip = new MovieClip();
mc.name = "sample";


また、インスタンス名を使って表示オブジェクトにアクセスするには、
getChildByName("インスタンス名") を使用します。

var mc:MovieClip = new MovieClip();
mc.name = "sample";
mc.x = 30;

trace(getChildByName("sample").x); //出力結果:30


参考にしたサイトは以下。
■ActionScript3.0でインスタンス名を調べたり設定する方法 | creator note http://creator.cotapon.org/articles/flash/actionscript3-0/actionscript3-0...


基本的なことなのに結構面倒な手順だなと思いましたが、
そもそもインスタンス名を使ってのやりとりはAS3.0では
あまり利点がないそうです。

AS3.0の入門書を読んでも上記のような手順は紹介されてませんでしたし、
根本的な頭の切り替えが必要そうです!


【おまけ】
配列アクセス演算子を使えば文字列で変数名を付けられます。
インスタンス名の利点がないのは、変数名で同じことができる、ということかも。

var mcName:String = "sample";
this[mcName] = new MovieClip();
this[mcName].x = 30;

trace(this.sample.x); //出力結果:30
| コメント(0)
MT:スパムコメント対策 その2
2012.11.20
前回の記事 MT:スパムコメント対策 では
スパムコメントを防ぎきれなかったため、次なる対策を講じることに。

今回はプラグインも取り入れます!

■keystrokes.pl
http://overstated.net/projects/mt-keystrokes/

このプラグインは、
・コメントフォームに直接入力したか
・送信ボタンを直接押したか
をJavaScriptで判断し、そうでないものを弾いてくれます。

JSが無効だとコメントできないため、少し乱暴な気もしますが・・
スパム対策には間違いなく有効だとのことで。

またMT3.X用ですが、修正すれば5.Xでも使えます。


■手順

1. keystrokes.plをダウンロード
http://overstated.net/projects/mt-keystrokes/
上記サイトの右上にある「DOWNLOAD」から、keystrokes-0.1.5.zip をダウンロード。
※0.1.5と書かれていますが落せるデータは0.1.4です。
さらにプラグイン内に書かれたバージョンは0.1.3になってます。不思議ですが問題なし。

2. 解凍後、plugins フォルダ内の keystrokes.pl を修正
return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^3\.);
赤字部分を5(使っているMTのバージョン)に変えます。

3. MTフォルダ内の plugins フォルダに keystrokes.pl をアップ
ダイナミック・パブリッシングを使っている場合は、
php フォルダも同様に MT > php フォルダにアップ。

4. テンプレートを修正
コメントフォームのソースが書かれたテンプレートを下記のように書き換える。
(デフォルトなら コメント と コメントプレビュー )

●<form>タグの直後に <$MTKeystrokes$> を追加
<form method="post" action="<$MTCGIPath$><$MTCommentScript$>" name="comments_form" id="comments-form" onsubmit="if (this.bakecookie.checked) rememberMe(this)">
<$MTKeystrokes$>
<input type="hidden" name="static" value="1" />

●<textarea>タグに onkeypress="keystrokes(this.form)" を追加
<textarea id="comment-text" name="text" onkeypress="keystrokes(this.form)" rows="15" cols="50">

●投稿ボタンの<input>タグに onclick="keystrokes(this.form)" を追加
<input type="submit" onclick="keystrokes(this.form)" accesskey="s" name="post" id="comment-submit" value="投稿" />

5. 再構築


以上で完了です。
これで今度こそスパムコメント対策ができた!・・はずです。


【参考にした記事】
Movabletype3.3コメントスパム対策 | フリーソフトダウンロード5
http://ww-ape.com/movabletype/kome_spam3.html

MT5.1の再構築 早し!!
http://trendate.com/blog/archives/2010/02/mt51.php
| コメント(0)
MT:スパムコメント対策
2012.11.13
最近当ブログもスパムコメントが鬱陶しくなってきましたので、
なにかスパム対策を施してみることに。

※一週間ほど様子をみましたが、下記の方法では現在来ている
スパムコメントを防げないようでした。
そのため新しい対策を こちら で取っています。



どうやらスパマーはコメントフォームのHTMLに書かれている
コメントCGIのパスを参照してくるそうで、
そのパスを実体参照にすればほとんどのスパムコメントを防げるとか。

合わせて、コメントCGIのファイル名も変更すると効果UPだそうです。
(デフォルトではmt-comments.cgi)


■手順
1. MTフォルダにある「mt-comments.cgi」を適当な名前にリネーム

2. 1で新たにつけたファイル名を、こちらのサイト等で変換

3. 同階層にある「mt-config.cgi」を開き、一番下に下記を追記
--------------------
CommentScript ○○○○(2で変換した文字列)
--------------------

4. 再構築


これで完了です。

ブログのテンプレートで<$mt:CommentScript$>タグを使って
コメントCGIを参照しているブログならこれだけでOKですし、
新しくブログを作ったときも反映されるのでお手軽です。
| コメント(0)