mac 不可視ファイル
2015.07.15
macを使っていて困るのがmac特有の不可視ファイルです。
自分からは見えないので、うっかり不要なファイル入りで納品してしまいます。

納品前にはカス削除くんで、きれいにしてさらにターミナルで不可視ファイルの有無を確認。

※「$」の後にペースト。

◼︎不可視ファイル表示

(1)不可視ファイル表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

(2))finderを落とす
killall Finder


◼︎不可視ファイル隠す

(1)不可視ファイル隠す
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

(2)finderを落とす
killall Finder


一番厄介な「.AppleDouble」対応

◼︎特定のフォルダ内の「.AppleDouble」を探す

(1)探したいフォルダに移動
cd(半角スペース)と入力後ディレクトリをターミナルにドラッグアンドドロップ

(2)「.AppleDouble」を削除
find . -name .AppleDouble -exec rm -rf {} \;

| コメント(0)
ユーザーエージェントでSafariを判別する際の注意点
2015.07.15
以前も引っかかったことのある問題なので、忘れないよう書いておこうと思います。

JavaScriptでユーザーエージェントを取得してSafariを判別したい場合、
以下のようになります。
※2016.9.9 ソースの括弧が多かったので修正しました

var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase();

if (ua.indexOf('safari') !== -1){
// ここにSafari用の記述
}

一見正しそうですが、実はこれだと問題が・・。
Google Chromeのユーザーエージェントを見てみます。

例)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/43.0.2357.134 Safari/537.36

そこにはSafariの文字が!
ですので上記の振り分けだと、Chromeまで対象になってしまいます。
Safariのみを対象にする場合はChromeを除外して、

var ua = window.navigator.userAgent.toLowerCase();

if (ua.indexOf('safari') !== -1 && ua.indexOf('chrome') === -1){
// ここにSafari用の記述
}

とすることで実装できます。
| コメント(0)
コーディング時のネーミングに役立つジェネレーター
2015.07.08
JavaScriptなんかをコーディングしているとき、変数名や関数名を付けるのに毎回悩まされます。
どうしても自分の知っている単語から選んでしまいがちですが、
他人が見てもわかるよう、できるだけ一般的に使われている単語を使いたい・・。

そんなときに役に立ちそうなジェネレーターがありました!

codic - プログラマーのためのネーミング辞書

まだ少し試しただけですが、
変換後のテキストを見て意味が読み取れますし、精度は高そうです。
単語は候補からも選べるのでネーミングが捗りそうですね。
| コメント(0)