MT:ファイルの初期アップロード先を設定する
2009.06.24
先日の記事「MT:alt-tmplについて」と合わせて見ていただくと良いかもしれません。

MTで「ファイルのアップロード」を選択すると、アップロード先を指定するフォームが出てくると思います。
通常では<サイトパス>直下になっているので、これを「<サイトパス>/ images 」がデフォルトで表示されるように設定してみます。
ちなみにMT4.Xの場合です。


まずはMTのテンプレートファイルを探します。

<MTのディレクトリ>/tmpl/cms/dialog/asset_upload.tmpl
<MTのディレクトリ>/tmpl/cms/include/asset_upload.tmpl

2010/1/22 修正
includeディレクトリ内のファイルを直すのが正しいようです。
dialogディレクトリ内の同名ファイルを直した場合でも上手くいっていたのですが、
別の環境でも設定してみたところそちらでは上手く動きませんでした・・

この asset_upload.tmpl ファイルを持ってきましょう。
ファイルを開き、一行目に次のように追記します。

<mt:setvar name="extra_path" value="images">

今回は、「<サイトパス>/ images 」としたいので、valueに images と入力します。


あとはこれを上書きすれば完了なのですが、簡単な修正とはいえ、元のファイルに上書きすることはなるべく避けたいところです。

そういうときに、alt-tmplフォルダを利用します。


tmplフォルダと同階層にalt-tmplというフォルダがあるので、
その中に今回手を加えた「asset_upload.tmpl」までの階層を再現します。
今回でしたら

alt-tmpl/cms/include/

となるように階層を作り、その中に先ほど修正した asset_upload.tmpl を入れます。
すると、MTが優先してこのファイルを読んでくれます。

元のファイルを残すことができるので、いざというときに助かりそうです。
| コメント(0)

コメントする

※JavaScriptが有効になっている必要があります