ムービー
Flash:FLVPlaybackに関するメモ
2010.10.13
この辺り、何故かいつも忘れてしまうのでメモです。

Flashのメニューで、ファイル>読み込み>ビデオの読み込み からFLVファイルを読み込んで配置した場合に、スクリプトでいろいろ操作する方法。


■メタ情報の取得

以下のように書くことで、メタ情報を取得できます。

※ムービーオブジェクトのインスタンス名は「myMovie」
-------------------------------------------------------------------------------
import mx.video.*;
var listener_Obj:Object = new Object();

listener_Obj.metadataReceived = function(eventObject:Object):Void {
trace("総時間 : " + myMovie.metadata.duration + "秒");
trace("幅 : " + myMovie.metadata.width);
trace("高さ : " + myMovie.metadata.height);
trace("ビデオレート : " + myMovie.metadata.videodatarate + "kb");
trace("フレームレート : " + myMovie.metadata.framerate + "fps");
trace("コーデックID : " + myMovie.metadata.videocodecid);
};

myMovie.addEventListener("metadataReceived", listener_Obj);
-------------------------------------------------------------------------------

主に総時間を表示させるのに使いました。
ホントはスキン側だけで完結できれば使い回せるんですが・・


■再生など

インスタンス名を指定して再生などもできるので、
中央に大きなPlayボタンを置いたりすることもできます。

ムービーに重ねるようにMCを作り、MC内に
-------------------------------------------------------------------------------
onRelease = function(){
_parent.myMovie.play();
}
-------------------------------------------------------------------------------

この指定でも、ちゃんとスキン側も連動して動いてくれます。



また新しく使ったものがあれば追加しよう。
| コメント(0)