銀座NOW~ホームページ制作会社 gravity works(グラビティ・ワークス)ブログ

トップ > 趣味や旅行

先週観た映画たち(6/15?6/21)
2009.06.24 (Wed)
先週は、あるゲームがしたくて、PSPをオークションで落札。

即日、お金を振り込んだにも関わらず、
商品が到着するまでにまるまる三日かかって、
イライラしっ放しでした(笑)

本能的にイライラした気分を落ち着けようとしたのか、
観た映画は、どれも似たようなバカ映画ばっかり。
まぁ楽しかったですけど・・・。




06/15

【イーグル・アイ(2008)】

劇場で一回観たのだが、DVDで再度鑑賞。

謎の女から電話がかかってくる導入部は面白いのだが、
どう考えても謎が解けるのが早すぎる(笑)。

そこからがただの追っかけっこになってしまい、
ほんっっっっとうに面白くない。

「ボーン・アイデンティティー」ばりのカーアクションでもあれば、
少しはマシだったかも。

結局、観直しても印象が変わらない作品だった。


06/16

【モータル・コンバット(1995)】

何故か急に観たくなって、DVDをレンタル。

オープニングは派手なユーロビートに乗って、
炎の中にタイトルが登場。

当時テンションが上がりまくっていたユーロビートも、
今ではスカスカの音楽に聞こえるのは興味深い(笑)

アクション自体はケイン・コスギが出てた「D.O.A」の方が格段に上だが、
サブ・ゼロとかゴローなどのヘンな生き物が戦う設定がたまらなく面白い。

基本的に子供向け映画として制作されたので、
ゲームほどのバイオレンス描写は無いが、
映画独自の解釈をしようとあの手この手(安いCGも含めて)で
派手に見せようとしているのに好感が持てる。

ソニア役のブリジット・ウィルソンは、「ラスト・アクション・ヒーロー」でも
すごいハイキックを見せてくれたが、この作品でも健在。
最近、見ないけど・・・。


06/17

【イベント・ホライゾン(1997)】

「モータル・コンバット」を観た後は、
同じポール・アンダーソン監督の作品が観たくなって、
選んだのがこれ。

公開当時、ティーザーサイトや予告編がスゴイ思わせぶりな作りで、
どんなにすごいSF超大作だと期待したものの、フタを開けると
全身ヤケドのサム・ニールが追いかけて来るだけホラーだった(笑)

しかし、俳優陣はすごくて、ローレンス・フィッシュバーン(マトリックス)、
サム・ニール(ジュラシック・パーク)、キャサリン・クインラン(アポロ13)と
かなりの演技派揃い。

ここでもやっぱりテクノっぽい音楽を付けていたのには、思わず笑ってしまったが、
映像はなかなかのもので、VFXのクオリティーや特殊メイクの出来はかなりいい。

しかも中盤までのストーリー運びは、怪談話の再現映像みたいで、すごくコワい。

ラストへのくだりは賛否両論あるだろうが、
ワームホールを抜けるとそこは地獄だったっていう考え方は、
バカな方向に突き抜けていて、逆に面白い。

いや、今気付いたけど、ポール・アンダーソン監督作品を
結構好きなのかも・・・。


06/18

【ソルジャー(1998)】
という事で、ポール・アンダーソン祭り開始。
何故かブレード・ランナー関連作品として紹介される事が多いが、
何故かというとクローン兵士(レプリカント)という設定と、
脚本家が同じって事だけ。

内容には何のつながりもない。

内容は超シンプルで、軍から見放されたクローン兵士が、
民衆のために戦うという、「ひとり七人の侍」な内容。

主演のカート・ラッセルといえば「ニューヨーク1997」の
スネーク・プリスケン役ですが、それを彷彿とさせる寡黙な演技で、
かなりカッコイイ。

ただそれだけ(笑)

内容は大して無いので、ランニングタイムも98分とコンパクトで良い。

好きな作品です。


06/19

【エイリアンVSプレデター(2004)】

他にも「バイオ・ハザード」とかあるけど、すっ飛ばして、
問題作を観る。

「エイリアンVSプレデター」といえば、コミックが発表されて、
90年代からず?っと映画化企画が立ち上がりは消えの繰り返しで、
正直生きているうちに観る事はできないだろうと諦めかけていた。

が、そこへ映画化の話が現れた!
しかも、もう撮影始めてるって!?
誰だよ!監督は!?

ポール・W・S・アンダーソン。

マジで?
いや、モータル・コンバットも
イベント・ホライゾンも好きだけどさ。
アイツに、これを任せちゃっていいの?

正直、最初はそう思っていたが、
意外にも両シリーズに敬意を払い、
まともに仕上げていたのに驚いた。

やればできるんじゃん!

ラストに登場するフルCGのエイリアン・クイーンには、感動した。

「エイリアン2」での動きよりも格段に素早かったが、
こっちの方がカッコイイ。

ただし、エイリアンと戦うプレデター軍団は、
ひたすら弱かったので、プレデターファンは不満だと思う。

まぁ、どうでもいいことだが。


06/20

【バイオハザード(2001)】

ポール・アンダーソン祭りもいよいよラスト。

最新作の「デス・レース」でも観ようかと思ったが、
ゾンビものが観たくて「バイオハザード」にした。

初めてゲームをした時(正確にはやってたのを見てただけ)のドキドキ感はないが、
ゾンビがどうこうではなく、アンブレラ社の秘密研究所内に仕掛けられた
セキュリティーシステムの凶悪さに、ドキドキしっ放し。

特にレーザーカッターが特殊部隊を襲うシーンはたまらん。

なんであんなもんが所内にあるんだよ!危ないじゃないか!
って、僕が所員なら言います。

映画のラストにはゾンビではなく、ヘンなクリーチャーが出てきて、
あーだこーだ平凡な展開になるので、気持ち的にはエンドクレジットが流れているのだが、
「続編作り?」的な終わり方は、いかにもゲーム的で良かった。

結局、ポール・アンダーソンの映画が好きだったという事を
再確認した1週間でした。


06/21

【トランスフォーマー:リベンジ(2009)】

ポール・アンダーソン祭りのせいで、感覚がマヒしてしまい、
「面白い」の定義がガタガタになってしまった(笑)

こりゃいかんと思い、近所のワーナーマイカルで
1000円で映画が見れるとの情報をゲット。

この夏一発目の超大作を観る。

前作も劇場で観たのだが、2つの不満があった。

(1)コンボイ司令官を「オプティマス・プライム」とかヘンな名前で呼ぶ
(2)オートボット同士の戦いが速すぎて、何をしてるのか分からなかった

二つ目は年なのかもしれないが、一つ目はコンボイ司令官と呼んでほしかった。

で、今回はというと、相変わらずカラっぽなストーリーだが、
一体何カットあるんだというくらい、オートボットバトルの数々。

ラストのオートボット大戦争はスゴイ。

前作は肉弾戦が主だったが、今回は射撃戦。
激しい撃ち合いで、頭や腕がもげていく様は、
「プライベート・ライアン」さながらの残虐さ。

しかもスローだったりするので、
前作に感じた不満の一つは解消されていた(笑)

ただし、どっちがサイバトロンで、どっちがデストロンなのか、
区別が付かないため、撃たれて首がもげるシーンで
「サイバトロンが!・・・あ、違った。デストロンか」
みたいな勘違いが大量発生。

最終的にどっちがどれだけ死んだのかが、さっぱり分からん。

って、どうでもいいか、そんなこと。


来週は近所のTSUTAYAが閉店のための半額セールで、
大量にDVDを借りたので、それを観まくろうと思います。


ウエダでした。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)

コメントする

※JavaScriptが有効になっている必要があります


GINZA NOW update

14.08.06

四谷NOW

タグクラウド

YOKAN CLOCK
グラビカ学習帳
CSSブログ
ムービーサイズ計算機