CSSのプロパティの値を初期値に戻す

| コメント(0)
CSSですでに指定されている値をリセットしたい場合、「initial」「revert」「inherit」「unset」を使用します。

例えば
font-size: 20px;
と指定されている要素に対し、
font-size: revert;
のように上書きすることで文字サイズを初期値に戻すことができます。

では上記4つのどれを使うかというと、
リセットしてどのような状態にしたいかによって変わってきます。

●initial
仕様で決められたプロパティ自体の初期値にリセット

●revert
親要素からプロパティの値を継承

●inherit
ブラウザのデフォルトスタイルにリセット

●unset
親要素の値を継承できるプロパティには「inherit」を適用、
そうでないプロパティには「initial」を適用

コメントする

このブログ記事について

このページは、gravity-worksが2024年6月18日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「要素の幅を中身に合わせて変えられる width:fit-content」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。