四谷NOW~ホームページ制作会社 gravity works(グラビティ・ワークス)ブログ

有川浩
気になる映画2本。
2013.06.06 (Thu)
ブログで書籍のネタになると登場率の高ーーーい、有川浩さん。
最近の活躍がすさまじく実写化が相次いでいます〜
素晴らしいっ!
特集記事もちらほら。
書店でも平積みの山、山、山。
すごいです!なんだかちょっと寂しい?気もしますが(笑)。

実写化すると、表現できない部分や補えない部分が必ず出てしまうものなので、
薄っぺらーくなってしまうのは仕方ない・・・ですが。

臨場感は映像だからこそ、より実感できますね。
自分の想像力だけでは・・・なんとも(苦)

4/27〜公開中の「図書館戦争」大ヒット中なんですが、
こちら、
県庁おもてなし課
5/11〜「県庁おもてなし課」も公開中!



まだ見れてないっ!!!!!

いつも文庫化を待っているので、
書籍を読んでから見に行くか、それとも、読まずに行くか・・・
迷い中です・・・。

早く見に行かなければ〜〜〜

そしてもう1本見たい映画が!
攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
ずーっと楽しみに待ちこがれていた『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
予告がでましたね〜



思ったより、少佐の声が違和感なくて一安心。
かっこ良く仕上がってますね!さすがっ!
気合いが違いますね。気合いが。
攻殻は6/22から公開っ☆

6月のスケジュールがつまってきた・・・(笑)
楽しみ〜♪

まずは、「県庁おもてなし課」を見に行きます〜♪

山崎でした。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
実写「図書館戦争」
2013.05.22 (Wed)
yama_130522.gif

大好きな有川浩さんの大ベストセラー小説「図書館戦争」ただ今絶賛公開中!
有川作品でとーっても大好きな小説です。

映画が大ヒット!で小説の人気急上昇中みたいです。
トップ10入りだそうですよ〜
映画の影響ってスゴイ!
小説自体、大が付くほどのベストセラーですから、納得の数字ですね。

しかし、実写となると設定が突飛なので、どーなるかな?と思ってましたが
うまい事まとめてきましたね。

私は、小説を読んでいるので、細かい設定や関係を補完しながら見れるので、、
疑問も違和感も無くみれましたが、
初めて見る人たちはどうなのか・・・。
と気になるところでした。

キャストは、う〜ん。違うんだよな〜。

と思ってしまうところがありましたが、
柴崎麻子役の栗山千明。←完璧です!
中でもにくいのが稲嶺司令役の児玉清さん。
作者の意向もあるそうですが、
大の本好きで知られる児玉さんを稲嶺司令に抜擢する製作サイドの配役、
すばらしいです。感動しました!

戦闘シーンは思いのほか迫力まんてん。
岡田准一さんのアクションシーン、かっこい〜
これを見るだけでも価値があるかも。
なんたって、2つの格闘技の師範の資格を持ているんですからっっ!
1つ目は、「カリ」と呼ばれるフィリピンの格闘技。
2つ目はあのブルース・リーが考案した格闘技「ジークンドー」

すごいな〜。

そして一番驚いたのは、映画に登場する図書館が実在するということ!
ずーっとセットだと思い込んでいましたが、、
水戸市の市立西部図書館

行ってみたいですね〜
夢のような図書館ですよ!
何時間でも居られそうです(笑)。

そして、また読書熱復活(笑)。
「図書館戦争」の読み返しです。
やっぱり何度読んでもおもしろいな〜。

気になった方はぜひぜひ〜。
小説も、アニメも、実写映画も、おもしろいですよ〜

山崎でした〜
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
「植物図鑑」
2013.04.03 (Wed)
東横線が地下に移動して早半月。
絶賛"積読"中だったんですが・・・
朝の通勤電車が思いのほか空いているので、これは読書タイム!と読書再開です!!

先ずは、大好きな有川浩でしょ。っと、「植物図鑑」を読破。
yama_130403_01.JPG
やっぱり、人間描写上手いですね〜。有川さん。
帯にもあるように「道草恋愛小説」
・・・だけでなく、道ばたに生えている「野草」の料理も沢山でてくる、でてくる。
読んでいてお腹がすきます。

今は春、野草も沢山目を出し始めたところなので、余計に臨場感がでるというか。
この本を読んでから、今まで「雑草」と認識していた植物が、
「これ食べられるかな〜?」と「食物」に変化しました・・・(笑)。

登場する「野草」の写真が掲載されているので、楽しいんですよ〜♪。
↓こんな感じです。
yama_130403_02.JPG
春って「散策」したい衝動に駆られるので、
天気のいい日に川縁を・・・。

のどかだな〜。

そしたら、「野草」かりとかいいな〜

山崎でした〜
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
「フリーター、家を買う。」有川浩
2012.08.09 (Thu)

休憩時間に読む本がな〜いっっっ!
ということで、駆け込みました本屋さんに(笑)

すると!!!
大好きな有川浩さんの「フリーター、家を買う。」が
文庫化されていたので、購入です☆

わ~い!
yama_120809.jpg

ドラマ化されていたので、
内容はなんとなく知ってるんですが・・・(笑)

繊細な心理描写が得意な有川さんですから、
きっと映像では表現しきれない部分もあるのかな?と。
読むのが楽しみです〜

山崎でした〜

個別ページコメント(0)トラックバック(0)
別冊 図書館戦争 Ⅱ
2011.08.31 (Wed)
でた~!

最終巻!!

ついに、完結編ということで、
早速先週末に購入しました!

yama_110831.jpg

じゃ~ん☆
有川浩著「別冊 図書館戦争Ⅱ」!!

通勤時間にちょこちょこ。
お昼休みにちょこちょこ。

読み進めてます♪

あー。
続きが…。
気になる…。

早くも禁断症状デハジメマシタ…。


山崎。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
別冊 図書館戦争1
2011.07.27 (Wed)
待ちに待った
「別冊 図書館戦争」
パート1が発売されたので、
先週、土曜日に本屋さんへ行ってきました!

(図書館戦争とは)
「差別用語など不適切な表現の取り締まり」を行う良化特務機関と
「表現の自由を守る(本を守る)」図書隊の活躍や恋愛模様を描いた
有川浩さんの小説です。

今回、購入した「別冊 図書館戦争」は
「図書館戦争」のスピンアウト作品です。


有川さん甘すぎですw
と叫びたくなるぐらい甘くて。
今まで読んだ有川作品の中で群を抜いて激甘。
角砂糖に蜂蜜かけてチョコレートでコーティングして、
さらに砂糖まぶした様な甘さ。。。
恥ずかしいやら、面白いやら。
電車では絶対に読めないぐらいの代物ですw
(←いい意味で。)

ただ甘いだけではなく、
図書館の現状、表現の自由についても描かれているので、
やはり考えさせられます。

あまりの面白さに一気に読んでしまいました。

8月25日にパート2が発売するので、
またまた、今から楽しみです。

山崎でした。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
図書館戦争
2011.07.06 (Wed)
先々週に引き続き「オトメソザイ」を。
と思っていたのですが。。。

現在読んでいる有川浩の
「図書館戦争」が
面白くて。
面白くて。

お話したくなってしまいました。

図書館で戦争?!
怖い話?
と思った方もいらっしゃるかと思いますが、
ストーリーとしては、(Wikipediaより)
「公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まるため」の検閲が、法律によって認められ、検閲に際しては武力行使さえ許される近未来の日本。検閲から本を守るための組織「図書隊」の奮闘と隊員である主人公の恋愛の行方を描く。

という事で、有川さんが得意とするキュンとする恋愛ものです。
ちょっとムズカシイ言葉も多々でてきますが、(←やたらと漢字が多くて読みづらいなど。)
テンポよく読み進められる作品です。

「図書館戦争」を初めて知ったのは、
フジテレビ「ノイタミナ」でした。
図書館を守る図書隊?!
ん??
という感じで、ストーリー設定が気になって。
…引き込まれました。

アニメを見た後、この作品が小説であるという事を知り、
読みたい衝動が。

だいぶ前に出版されていたので、
「文庫になっているだろう。」
と安易に考えていましたが…。
甘かった…。

その当時まだ文庫化されておらず。
じゃあ!
「図書館に借りにいこう!」
と。貸し出し記録を参照すると…。
予約件数100件以上?!

わー!!ムリだ…。
と「文庫化」待つ事を選択しました。

そして…。
今年5月やっと待ちに待った文庫化決定!!

で、現在です。
期待通り!
面白い!!

全6シリーズ出版予定で、現在第4弾まで発売されました。
最終の6シリーズ目は8/25。
待ち遠しい。

内容はアニメを見ていた事もあり知っていたのですが、(←途中まで。)
アニメでは、表現しきれない登場人物の心理状態が細かく描写され、
謎であった部分がやっと理解できました。

「図書館戦争」
今後、度々登場するかもしれませんw

現在、図書館戦争にハマり中の山崎でした。

個別ページコメント(0)トラックバック(0)
自衛隊3部作!
2011.05.18 (Wed)
私、趣味の1つに「読書」があります。

最近、読書熱が復活し、
本が
読みたくて。
読みたくて。
読みたくて。
読みたくて。

この上ない勢いで読み漁っている山崎です。

私の好きな作家 有川浩さんの作品について書きたいと思います。
自衛隊3部作として称される「塩の街」「空の中」「海の底」。
この話は、自衛隊が主役のSF作品です。

「塩の街」は未知の生物vs陸上自衛隊。
「空の中」は未知の物体vs航空自衛隊。
「海の底」は未知の生物vs海上自衛隊。

!!!?

ヒーロー物
などと思った人がいるかもしれませんが…。

いいえ。
違います。

どちらかと言えば、恋愛物かもしれません。
だいぶ激甘な。

いや~
面白い!

500ページ程あるこの3作品。
通常ならば飽きてしまう長編ですが、

さらりと読める!
続きが気になる!

突飛な設定にも関わらず、すぐに入り込み熱中してしまいました…。

3作品共通している点は、
「何かとてつもなく恐ろしい生物と戦う」
という突拍子もないストーリー設定と、
「死が差し迫っている」
という緊迫感です。

有川作品は人物描写が繊細で、ストーリー設定も緻密。
それ故、突飛な設定でもリアリティーを感じるのだと思います。

空の中→海の底→塩の街 と読み進めた私ですが。
(続き物ではないのでどこから読んでも大丈夫です。)
海の底での凄惨な描写はあまりのリアルさに手を止めてしまう程でした。
(こちらに書いてしまうとネタバレになってしまうので割愛します。)

今回3作品を読んで、改めて考えさせられた事。

それは、

「人は一人では生きられない」という事。
「今ある生活が当たり前」ではないという事。
誰もが特別な存在ではなく「みんな同じ人間」だという事。

有川作品は何かを考えさせるきっかけを与えてくれます。

初めて読んだ「レインツリーの国」では、
200ページ程の短い話でしたが、
障害者と健常者の恋から、聴覚障害の問題を。
揺らぎや周りの反応を繊細に描写しています。
読み終えたあとシコリが残る。
障害について考えさせられる作品でした。

現在は、割と甘々な短編小説「阪急電車」が実写化され、公開中との事。
ステキなお話しでしたので、公開終了する前に是非とも見たい!
これまた大好きなaikoが主題歌を担当という事で、ダブルで楽しみです!

気になった方は、ぜひ見てください。
そして読んでみてください。
直ぐに引き込まれます!
引き込む力半端ありません!

ベタ甘を好む私としてオススメは、「塩の街」です。
この作品がデビュー作とは。
すご過ぎます!
有川さん。

最後になりましたが…。

よく間違える方がいるそうなので一応。
↑私の親友も間違えていました。
有川浩さんは女性の方です。

「ありかわ ひろし」ではなく、「ありかわ ひろ」です。

次は、やっと文庫本が出たばかりの図書館戦争を読みたいと思います。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)

GINZA NOW update

19.09.04

銀座NOW

タグクラウド

YOKAN CLOCK
グラビカ学習帳
CSSブログ
ムービーサイズ計算機