銀座NOW~ホームページ制作会社 gravity works(グラビティ・ワークス)ブログ

トップ > 趣味や旅行

うずたかく積まれ続ける本の山
2018.11.05 (Mon)
積ん読が溜まっています。

昔から本と本屋さんが好きで、家には多い時には300冊ぐらいありました。
引っ越しを機に整理処分お譲りなどして100冊ぐらいに減らしたのですが、
それでも未読&読みたい=積ん読なのでこれは処分できません。
とすると私が読まない限り積ん読は減らないわけで・・・
うずたかく積まれ続けています。

その中でも特に読もう読もうと毎週末思っているのにまだ読めてないのがこちら。

「サピエンス全史 上下巻」
文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ 著
柴田 裕之 訳
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309226712/

2016年に刊行された歴史学者であるユヴァル・ノア・ハラリ著「サピエンス全史」です。
これは発売と同時に購入し、読み始めたんですが第1章のあたりがあまりにも面白くて、
その反動で上巻の終盤ぐらいまでで止まってしまい、1年経ってしまいました。。。

続編である、「ホモ・デウス」
http://web.kawade.co.jp/bungei/1722/)も9月に出版されたことだし、
年内には下巻まで読破して続編「ホモデウス」に取り掛かりたいところです。


追記
サピエンス全史の上巻目次です。私は第8章で止まっていますね・・・
第1章〜5章ぐらいまで多分あっという間に読めます。
まだ読んでない方は是非。


【目次】
歴史年表

第1部 認知革命

第1章 唯一生き延びた人類種
不面目な秘密/思考力の代償/調理をする動物/兄弟たちはどうなったか?

第2章 虚構が協力を可能にした
プジョー伝説/ゲノムを迂回する/歴史と生物学

第3章 狩猟採集民の豊かな暮らし
原初の豊かな社会/口を利く死者の霊/平和か戦争か?/沈黙の帳

第4章 史上最も危険な種
告発のとおり有罪/オオナマケモノの最期/ノアの方舟

第2部 農業革命

第5章 農耕がもたらした繁栄と悲劇
贅沢の罠/聖なる介入/革命の犠牲者たち
第6章 神話による社会の拡大
未来に関する懸念/想像上の秩序/真の信奉者たち/脱出不能の監獄

第7章 書記体系の発明
「クシム」という署名/官僚制の驚異/数の言語

第8章 想像上のヒエラルキーと差別
悪循環/アメリカ大陸における清浄/男女間の格差/生物学的な性別と社会的・文化的性別/
男性のどこがそれほど優れているのか?/筋力/攻撃性/家父長制の遺伝子

第3部 人類の統一
第9章 統一へ向かう世界
歴史は統一に向かって進み続ける/グローバルなビジョン

第10章 最強の征服者、貨幣
物々交換の限界/貝殻とタバコ/貨幣はどのように機能するのか?/金の福音/貨幣の代償

第11章 グローバル化を進める帝国のビジョン
帝国とは何か?/悪の帝国?/これはお前たちのためなのだ/「彼ら」が「私たち」になるとき/
歴史の中の善人と悪人/新しいグローバル帝国


※目次は河出書房新社HPより引用

[井]
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
お茶。
2018.10.24 (Wed)
いろいろとストックしたくなるタイプなのですが、
最近お茶にはまっており、カルディに行くとつい買いすぎてしまいます。
そのため引き出しの中がお茶ストックになりつつあります。

イギリス土産の紅茶、コーン茶、コーヒーが入っているのですが、
実は自宅にもルイボスティーと蓮茶が待機中です。

む。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
BUCK-TICK 30th ライブ!
2017.09.27 (Wed)
先週の土曜日、長年ファンだったBUCK-TICKの30周年記念ライブにいってきました。
170927_ishi_01.png

オールスタンディング、ステージ目の前、最高の1日でした!

一般的にはV系バンドのジャンルなので敬遠しちゃう人もいるかと思いますが、ぜひとも若いバンドキッズたちは聞いてみてもらいたいな。
BUCK-TICKは懐深いですよ。。。。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
ドラクエ11!
2017.08.02 (Wed)
7/29 発売しましたね!
自分は予約などは特にせず、当日の朝、地元のヤマダ電機で購入。
こういう時、「地元の電気量販店」って有能ですよね(笑)

CMのように、息子と横並びで遊んでます!

170802_ishi_01.jpg
個別ページコメント(0)トラックバック(0)
断捨離(海)
2017.07.12 (Wed)
170712_asaga.jpg

グラビティ・ワークスの浅賀です。

最近、といっても今に始まった事ではないのですが、山のアクティビティに傾倒しています。
歩いたり滑ったり、たまに釣ったり。まだロープを使った行動範囲までには行きついていません。山に足を運んでいる日数を計算してみると、週末2回/月と考えると約50日/年。実際には祝日や休日と絡めて入りますので、1.2倍と考えてると60日/年。いや待てよ、スキーだけで40日は山に入っているので、キノコ採りなども合わせると、それだけでは効かないかもしれません。1年間で1/6〜1/5の日数だと考える、かなり多めの日数のようです。

かつては海でのアクティビティも、スキンダイビング、いわゆるボンベを使わずに潜る「素潜り」「スノーケリング」も行っていたのですが、これだけ山へ頻繁に足を運んでいると、さすがに以前のようには海にも行けず、趣味もグッズも少しずつ「断捨離」しようかと考えていいます。山のグッズが増えてきて行き場も必要ですし。まずは海のものを整理です。

甥っ子がいるのですが、順当に行くと来年には大学生ということで、いろいろなことに興味を持ち出す年齢。これをいいことに、欲しいなら宅配便で送るよ、と写真付きでメールしたら、欲しいとのこと。それなりに愛着をもって使っていたものなので、無駄に捨てるには忍びなく、欲しい人の元に届けることができてホッとしています。

この甥っ子、実は私のオフルの山グッズの行き場所でもあり、なんだかちょっとした罪悪感もあるのですが、本人が喜んでいるので良しとしています。
個別ページコメント(0)トラックバック(0)

GINZA NOW update

14.08.06

四谷NOW

タグクラウド

YOKAN CLOCK
グラビカ学習帳
CSSブログ
ムービーサイズ計算機